製品紹介

製品用途一覧 | 複合製品 | 一般製品 | 特殊形状製品

複合製品

2種以上の物質を複合させることで単独では得られなかった機能性を生み出すことができます。
弊社では炭酸カルシウムを核にシリカ、酸化亜鉛など用途に合わせた複合製品をご用意しております。

複合亜鉛華シリーズ

炭酸カルシウムの表面に亜鉛華を複合させ、亜鉛華自身のゴム加硫促進助剤としての機能を持たせたまま、以下の特徴があります。

・比表面積が高いため高活性
・亜鉛華に比べ比重が軽いため製品の軽量化に貢献
・有害物質が非常に少ない
また、マルチTZはお客さまのご要望にあわせ、酸化亜鉛含有量の変更が可能です。

  マルチZ マルチTZ ファインZ 亜鉛華3種
Zn組成 炭酸亜鉛 酸化亜鉛 酸化亜鉛 酸化亜鉛
ZnO含有率(%) 25※) 40※) 60※) 99<
比表面積(m2/g) 30※) 17※) 40※) 4※)
真比重 3.2※) 3.1※) 3.7※) 5.5※)
見掛比重(g/ml) 0.55※) 0.55※) 0.40※) 0.70※)
水分(%) 1.5※) 1.0※) 2.0※) 0.2※)
Pb(ppm) 5※) 10※) 10※) 3000>
Cd(ppm) 3※) 3※) 3※) 1000>
※)記載データは弊社代表値である。亜鉛華の試験値は弊社試験による参考値である。

シリカ複合シリーズ

製品名 物性一覧 特徴
外観 比表面積※)
2/g
見掛け比重※)
g/ml
水分※)
ユニフレックスSS 白色
微粉末
30 0.40 1.50 スポンジ製品で,均一発泡が得られる
アブソライトシリーズ TB-113 80 0.25 2.80 マット調インクジェットの受像層顔料として優れた性能を発揮できる高吸収性材料
アブソライトシリーズ TB-240R1 TB-113を水溶性カチオンポリマーで分散したスラリー製品。固形分濃度35%、液比重1.26~1.28。 カチオン性定着剤との優れた混和性
※)物性データは弊社代表値である。
炭酸カルシウムとは? 採用情報 カル君ブログ 株式会社ニューライム

このページの先頭へ